面倒くさがりがコリドラスを飼う
コリドラス飼育

水作 水心 SSPP‐2Sは高性能だけど音はうるさい!?

60㎝ワイド水槽(約120ℓ)のエアーポンプの勢いが弱まってきたので、水作 水心シリーズのSSPP‐2Sを購入しました!

これまではワンランク小さいSSPP‐3Sを使用していたのですが、さすがに60㎝ワイド水槽ではパワー不足だったようで、1年も経たないうちにエアーの吐出量が減ってしまいました。

このSSPP‐2Sについて結論から言いますと

エアーの吐出量等の性能は抜群ですが、音はそれなりにうるさいエアーポンプです!

ということで、実際の使用感をレビューしていきたいと思います!

気になる音のレベルは?

左がSSPP‐2S 右がSSPP‐3S

ワンランク小さいSSPP‐3Sは4台ほど持っており、音も静かで60㎝水槽(60×30×36)まで対応できるパワーを兼ね備えた言うこと無しのエアーポンプです。

ただ、今回購入したSSPP‐2Sに関しては、音はハッキリ言ってうるさいです。

どんな感じかというと、けっこう大きな「ブーーーーー」という振動音が部屋に響き渡るレベルです。

ネットで購入者のレビューを見ていると、音は全く気にならないレベルと書いている方がいましたが、これは明らかに気になるレベルだと感じます。

私は寝室に水槽を置いているのですが、眠る時も低振動の音がずっと聞こえてくるので、気になりだすと止まらなくなります(;’∀’)

購入して数日経つと慣れましたが、神経質な人は寝室には絶対に置かない方が良いです!

エアーの吐出量など性能は?

性能面に関しては非常に満足しています。

60㎝ワイド水槽を立ち上げて約1年が経ち、底砂も目詰まりしてきたのかSSPP‐3Sの威力が落ちてきていたのですが、SSPP‐2Sを導入すると簡単に解決しました。

パワーが段違いです。

SSPP‐3Sではポコ・・・ポコ・・・としか出なくなっていたエアー量が、SSPP‐2Sに変えた途端、水槽立ち上げ初期並のエアー量、いやそれ以上の吐出量で息を吹き返しました!

さすが3500cc/分の吐出量は伊達ではありません。

2つのエアーポンプの吐出量が以下です↓

  • SSPP‐3S 2500㏄/分
  • SSPP‐2S 3500㏄/分

これだけを見ると1000㏄しか変わらないじゃん!と思ってしまいますが、実際の使用感はそれ以上の差があるのではないか?と思うくらいにパワーが違います。

そりゃ、これだけのパワーを出すためにはモーター音もうるさくなるわな、という感じです!

SSPP‐2Sがおすすめの人

SSPP‐2Sを購入するのがおすすめの人は、「静音性よりもパワー重視」の人です。

上記しましたが、静かなエアーポンプを求めているならSSPP‐2Sは避けるべきです。

ワンランク小さいSSPP‐3Sを購入するか、他にパワーも静音性も兼ね備えたエアーポンプを探しかありません。(存在するのか分かりませんが)

パワーに関しては、60㎝ワイド水槽(60×45×45)で大磯砂を6㎝厚で敷いて約1年経過している状態でもガンガン空気を送り込んでくれるレベルなので、申し分ないです。

SSPP‐2S

私はパワー重視で選択したので、音も含めて納得していますし、総合的には満足しています!

それでは、参考になりましたら幸いです。

良いアクアライフを(^O^)/

1Kの1人暮らしで熱帯魚を飼育するのに必要なものと初期費用 前回は「一人暮らしで熱帯魚を飼育するのにかかる電気代」という記事を書いたのですが、 http://coridorasu-life....
コリドラス飼育では照明は暗めが良い!? コリドラスを飼育する時に迷う事の一つ。 そう。照明はどれくらいの明るさの物を設置すればよいのか。 水草水槽を作るわけじゃな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です