面倒くさがりがコリドラスを飼う
自己紹介

自己紹介

初めまして!


ブログ主のへいへいと申します!

さて、このブログのタイトルですが、「気楽にコリドラス」としました!

その言葉通り、いかにコリドラスを気楽に楽しむかを書いていきたいと思っています。

基本的には、今までの飼育経験から得たものを自分自身の復習も含めて、自己満足風に書いていきたいと思います!

自分が楽しく書けて、さらには読者の方の為になる情報も発信していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします(^O^)/

まずは私の自己紹介からしていきたいと思います。

・熱帯魚飼育歴・・・約18年(途中3年ほどやっていない期間あり)


・好きな熱帯魚・・・コリドラス、グリーンネオンテトラ、ボララスブリジッタエなど

・好きなタレント・・・中条あやみさん


・好きなコリドラス・・・飼育しているコリドラス全て好きですが、No,1はコリドラス・アッシャー(トゥカーノ)です!


・好きな水草・・・アマゾンソード、ミクロソリウム、ハイグロフィラ、などCo2いらずの簡単なやつ!


・他の趣味・・・釣り(海でメバル・アジ・アオリイカ・太刀魚など)

熱帯魚飼育自体は、小学生の時に初めて飼い始めました。

本当はもっと早く飼いたかったのですが、親にお金がかかるからと言われ、なかなか飼わせてくれなかったのです。

今自分の家で自分のお金で熱帯魚を買うようになり、電気代もそれなりにかかるので当時熱帯魚飼育を許してくれた両親には感謝しています!

最初は定番のネオンテトラから飼い始め、荒い大粒の大磯砂に水草はアマゾンソードと、ランナーを伸ばすバリスネリアスピリラスを植えた記憶があります。

熱帯魚から水草まで入門種で揃え、バリスネリアが増殖しまくりました。(笑)


そんな誰もが通る道を寸分の狂いもなく通ってきた私でしたが、すぐにハマったものがありました。

それは、ネイチャーアクアリウムです!

少し格好付けて言いましたが、いわゆる水草水槽です(^O^)/

あの自然の一部を切り取ったような風景・・・その中を優雅に泳ぐグリーンネオンテトラ・・・やりたいッッッ!!!

と思った私は、その年の誕生日に60センチのオールガラス水槽、3本式蛍光灯、大粒の大磯・・・ではなく憧れのソイル!!

さらにはCo2添加キット!とはいかず・・・記憶が曖昧ですが瓶の中に発酵する何かを入れた発酵式のCo2添加瓶のやつ!を手に入れることに成功しました。

お父様、お母様、ありがとうございます。

立ち上げて一週間後にはこれも憧れだったグリーンネオンテトラをお父上様のご好意で20匹ほど入れさせていただきました。ありがとうございます。

後は週1の水替えを繰り返して水草の成長を待つのみでした。

そして、水替えを頑張った結果、3か月後くらいにはとても美しい風景が出来上がりました。

左右に群生するグリーンロタラやルドウィジア・・・手前のブリクサやグロッソスティグマもそれはそれは草原のような景色が広がって・・・。

とまではいかず、若干14歳の中坊が作ったレイアウトですから、枯れてる水草もあればイキイキと伸びてくれた水草もありました。

それでも初めて自分で制作したレイアウトにグリーンネオンが優雅に泳いでる風景は、素晴らしく目に優しく、美しかったです。

しかしそれも長くは続きませんでした。

なぜなら、私は極度の面倒くさがりだったからです!

熱帯魚飼育って、個人的に一番面倒なのが水替えでして・・・たまにやると楽しかったりするんですが、毎週毎週はやりたくないな~って。

熱帯魚飼育を始めた当初は、情報誌や熱帯魚ショップの店員さんに言われるがままに1週間に1回の水替えをしていました。

でも、長く飼育しているうちにそれが面倒になってきて・・・2週間、3週間、1か月と、段々と水替えをしない期間が延びてきたんですよね。

そうすると、コケは生えるわ水は汚れてくるわで水槽内はてんやわんやです。

その時、やっぱり水替えはした方がいいんだな。と思ったことを思い出します。

それでもやっぱり、水替えめんどくさ~い!!って思っていました。(どっちだよ)

でも、短期間でコケが生えたり水が汚れたりしたのは、生物ろ過が出来ていなかったり、光量が強かったり、生体数に問題があったりと、色々複合的な要素が関係していたんですね。

自分語りはこのくらいにして・・・

このブログでは、その辺りの問題にも触れながら、コリドラスは飼育方法さえ知っていれば誰でも楽しめるんですよ~!という所をお伝えしていきたいと思います^^

どうぞ、暇な時間に見てやってください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です