面倒くさがりがコリドラスを飼う
コリドラス飼育

コリドラス・カウディマクラートゥスの特徴と飼育方法

本日はうちで飼育しているコリドラス・カウディマクラートゥスの特徴と飼育方法について書いていきたいと思います!

結論から言いますと、コロコロしたルックスがとても愛くるしく、飼育も容易で繁殖もしやすいコリドラスです。

生息地

カウディマクラートゥスの生息地はブラジルのグァポレ川と言われています。

グァポレ川と言えば、有名なコリドラスにCo.グァポレという種類がいますね!

グァポレは頭が凹んだような形をしていますが、あめ色の体色や尾筒に入る黒いスポットなどの特徴はカウディマクラートゥスと類似しています。

同じ川に生息していて姿形が似ているのはコリドラスの世界では珍しくないことですが、面白いですよね^^

飼育難易度

カウディマクラートゥスは食が細かったり神経質という面は見られないため、飼育は容易な方です。

人間に対する恐怖心も他のコリドラスと比較すると少なめで、よく前面に出てきてくれたり、底だけではなく水面までもふもふしながら浮上しています。

そのまま水面でバクバクと口を動かし、沈まなかった赤虫を吸引しているところをよく見かけるくらいですw

まぁ、かわいいです!

混泳についてですが、カウディマ自体がゆったりと泳ぐ性格の優しいコリドラスなので、アイバンド・非アイバンド、どちらの種類とも混泳できると感じます。

逆にカウディマを攻撃するような種類との混泳は避けた方が良いですね!

ショップではワイルドとブリードの両方が販売されていますが、その2種類を比較するとブリードの方が日本の水に慣れている分、さらに飼育しやすいと思われます。

入荷は不定期で、一時期入荷が途絶えていた時もありましたので、見つけたら早めに購入するのがおすすめです!

価格はワイルドが1匹3000円程度、ブリードは1000円程度だったと記憶しています。

飼育は容易で性格も優しいため、他種コリドラスとの混泳にも向いている

繁殖難易度

私自身は♂♀1匹づつしか入っておらず、単独飼育もしていないため1度しか産卵経験はありませんが、♂2匹♀1匹の割合で入れて単独飼育していればそのうち産卵してくれる確率は高いです。

月並みな方法ですが、安定した飼育環境で栄養豊富な餌を与えて育て、♀のお腹がふっくらとしてきた頃に水替えを行うと繁殖に至りやすいのではないかと思います。

うちではクルジエンシスと繁殖してハイブリッドカウディマクラートゥスが生まれました。

その時の繁殖データはこちらです↓

  • 水槽 45㎝ワイド水槽
  • フィルター 底面フィルター
  • 水温 25℃
  • 水質 不明ですが、使い込んだ大磯砂なので弱酸性と思われる

♂♀が揃っていれば繁殖は難しくない

与えている餌

うちでは冷凍赤虫のみを朝1回多めに与えています

繁殖を狙うのであれば、冷凍赤虫の他にブラインシュリンプやイトメなどの活餌を与えるのも効果的かもしれません。

特に餌にうるさいイメージはないので、慣れれば人工飼料も食べてくれると思います。

コロコロ系の愛嬌抜群コリドラス

コリドラス・カウディマクラートゥスは体高がありコロコロとした見た目が特徴で、人間に慣れやすく飼育も容易な魅力的なコリドラスです!

一言で言うとめっちゃかわいいコリドラスです!

一時期はカウディマを繁殖させて楽園を作りたい・・・と思った時もあったくらいかわいいです。

飼い込んでいくと、あめ色の体色が深みを増してかわいいだけでなく美しさも増していくので、飼育しがいのあるコリドラスですね^^

それでは、良いアクアライフを(^O^)/

コリドラス・ガラナ(アルトタパジョス)の特徴と飼育方法 本日はうちで飼育している、コリドラス・ガラナ(アルトタパジョス)の特徴と飼育方法について書いていきたいと思います。 結論から言い...
コリドラス・アッシャーの飼育 アッシャーは私の中で最も思い入れの強いコリドラスです。 初めてその存在を知ったのは中学生の時でした。当時は水草レイアウトにハマっ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。