面倒くさがりがコリドラスを飼う
コリドラス飼育

コリドラス・アッシャーの飼育

アッシャーは私の中で最も思い入れの強いコリドラスです。

初めてその存在を知ったのは中学生の時でした。当時は水草レイアウトにハマっていたので、その時も世界水草レイアウトコンテストの結果を見たい為に月刊アクアライフを購入しました。

確か2003年のことです。

ウキウキしながらさっそく家に帰り雑誌に目を通すと、最初のページの方に何種類かの熱帯魚特集がされていました。

その中でもひと際私の目を引いたのが、コリドラスアッシャーだったのです!

へいへい
へいへい
何じゃこの模様!?コリドラスなん!?

衝撃でしたね!茶褐色の体色に黒いシマシマ模様!そしてピンと張った長い背ビレ

自分にとっては魅力的な要素が全て詰め込まれたようなコリドラスでした^^

この出会いがきっかけとなり、私はコリドラスの世界へどっぷりハマることになりました。笑

前置きが長くなってしまいましたが、今回はコリドラスアッシャーの飼育について、失敗談を踏まえて書き記したいと思います(^O^)/

単独飼育のすすめ

アッシャーは単独飼育がベストだと感じます。

理由は、書籍などでもよく書かれていように、食が細いからです。

他のコリドラスに比べて食べるスピードが遅い(;’∀’)

赤虫を与えると勢いよく食べには来るんですが、吸い込んだと思ったらシュッ!とエラから放出されています。

これはどのコリでも見られる現象ですが、アッシャーをなめてはいけません!

他のコリとは比べ物にならないくらいの圧倒的放出数です!もうですね、食べる気あるの?って聞きたくなるくらいです。

とはいえ、本人は必死で食べているのですが、もしここに他種の食欲旺盛なコリドラスがいると、アッシャーが食べる餌が減ってしまいます。

そして、そのまま放置するとどんどんやせ細っていく事が予想されるので、やはり単独飼育がベストだと感じます!

水合わせ

アッシャーを購入したら、まず最初に気になるのが水合わせですね。

私の場合はごくごく一般的な水合わせをしています。

まずはゴムをほどき袋を開けた状態で水槽に浮かべ、水温を合わせます

この時、通販などで購入した場合は水を大量に入れてくれているので、袋の水を3分の1くらいまで減らした状態で温度を合わせています。

袋を開ける理由は新鮮な空気が入るからで、水を減らすのは早く温度を合わせる為です。

時期によりますが、大体30分~1時間したら水温が同じになってきます。不安であれば指を突っ込んで温度が変わらないと感じれば大丈夫なはずです^^

温度合わせが終わったら、袋に入っている水の約3分の1の量の水槽水を袋に入れます。私は、袋で水槽水を掬い取るようにして入れています。

30分ほど経過したら、さらに3分の1の量の水槽水を追加で袋の中に入れます。

さらに15分ほど経過したら、中にいるアッシャーだけ網で掬い取って水槽にポチャッと入れて水合わせ終了です!

注意点としては、袋の中の水を水槽内に入れない事です。水が汚れている場合があるので、水槽の水質悪化の原因となります!

中学生の時、初めてアッシャーを迎え入れた時はエアホースを使っての点滴方法で水合わせをしました。

しかし、慎重になりすぎて何時間もかけた上、途中で寝てしまい・・・起きた時には水が大量に床に広がってびっちゃびちゃに(;’∀’)

それ以降はこちらの楽な方でやっています!

アッシャーは繁殖しやすい!?

アッシャーは今まで飼ったコリドラスの中で1番繁殖しやすいと感じます。

というのも、他のコリドラスは購入してから繁殖するまでに1年以上かかっている事が殆どなのですが、アッシャーだけは購入して3か月以内に繁殖してくれました。

これは、単独飼育というのも理由の1つだと思うのですが、単純に繁殖しやすい種類なのだと思っています。

ただ、比較的簡単に繁殖はしてくれますが、アッシャーの子供の飼育は難しい印象です。

例えば、うちではダイジョウブダエボンディの子供は特に気を使わなくてもすくすくと成長してくれるのですが、チビアッシャーは少しでも餌が途切れると☆になったりします。

後は水の汚れにもすごく敏感な印象で、ちょっと世話を怠ったりするとすぐに☆になります。

という事で、私がチビアッシャーを上手に子育て出来るようになるのはまだまだ先のようです(;’∀’)

水槽間での移動と♂♀の特徴

アッシャーは♂よりも♀の方が弱いように感じます

今まで、☆にしてしまったのは大体が♀です。

体験談ですが、以前にアッシャー達を別の水槽に移そうとしていた時のことです。

それまでの私は、家の水槽間を移動させる時は水合わせを一切せずに、網で掬ってポチャポチャと移動させていました。

この時も、アッシャーを掬ってはポチャポチャと移動させたのですが、翌日から水槽内に異変が・・・。

アッシャーの♀2匹が呼吸が荒いのです。

最初は放って置いたら落ち着くだろうと思っていたのですが、数日経っても呼吸は荒いまま。そして、餌も食べない。

そして何の対処も出来ないまま、数日のうちに☆となってしまいました。一瞬でした。

呼吸が荒くなるなどの症状からしてPHショックだと思われますが、まさか自宅の水槽間の移動でも起こるとは・・・。

今まで、別のコリドラスではこのような事態になった事が無かったので焦ってしまいましたが、対処法としては元の水槽に戻すくらいしかなかったと思うので、そうしてあげればよかったと後悔です。

後から思い出したのですが、私が初めてアッシャーを飼った時も、2年くらい飼育した水槽から別の水槽へ移す時に似たような症状で☆になっていました。

その時も♀でした。♂は元気でしたね。

この件があって以来、♂♀関係無くちゃんと水合わせして水槽間移動をするようにしています。今の所トラブルは起こっていません。

そして、アッシャーの特徴として♂よりも♀の方が弱い傾向があるように感じます。

まとめ

  • 基本は単独飼育で!
  • 繁殖は比較的簡単!
  • 水槽間での移動の時も水合わせをすべし!

状態の良い水槽での飼育を前提として、以上の事に気をつけていたらうまく飼育出来るようになりました^^ 

これからアッシャーを飼おうと考えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

私は今後、時間に余裕が出来ればチビアッシャーの育成にも力を入れたいと思います!

自然光のみでアッシャー産卵! こんにちは! 12月に入り本格的に寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? この時期はヒーターがフル稼働するの...
コリドラス・ダイジョウブダエボンディの産卵 今日はうちにいるコリドラス・ダイジョウブダエボンディを紹介したいと思います。 最初に4匹購入し、そのうちの1匹はいなくなったので...

それでは、良いアクアライフを(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です