面倒くさがりがコリドラスを飼う
コリドラス飼育

45㎝水槽にコリドラスを分散させた日

先日、アッシャーの繁殖&過密気味のコリドラスを分散させる目的で新規45㎝水槽を立ち上げたのですが、

気づけば空回しして2週間近く経過していたので、本日分散させました^^

水合わせ

移動させるコリドラスは、アッシャー水槽に入っていたアッシャー♂1匹と♀1匹、そしてダイジョウブダエボンディの子供1匹の合計3匹です。

え?そんだけ?

という感じですが、ひとまずアッシャー水槽の数を減らした方が繁殖してくれそうな雰囲気なので、移動させてみることに!

アッシャー水槽(45㎝ワイド)にはアッシャーが6匹入っていたのですが、45㎝水槽の繁殖狙いとしては少し数が多い気がしたんですね。

ということで、稚魚育成に使用するサテライトを利用して水合わせをしました。

アッシャー以外は水槽間の移動の場合、ボチャボチャと水合わせ無しで移動させますが、アッシャーだけは水槽間の移動であっても気を使いますね。

過去に失敗した経験もあるので(;’∀’)

移動したコリドラス達

今回移動させるコリドラス達の写真です^^

一番手前のアッシャー♂は2014年1月に購入した個体なので、間もなく8年が経過しようとしています。

これまで何度か繁殖に携わってくれた個体なのですが、私がうまく育て上げることができず生き残っている稚魚はいません(^-^;

過去に劣悪な環境にしてしまった時も力強く生き残ってくれたこともあり、とても思い入れのある個体です。

なので本当は今回も繁殖用水槽に残そうかと思ったのですが、アッシャー氏曰く、「今回は精力盛んな若い♂達に任せる」とのことなので、移動してもらうことに。

次は真ん中にいるアッシャー♀です。

このアッシャーは比較的最近(3年前くらい?)に購入した個体です。

購入時から長細い体形の個体で、少し歳を取っている個体なのかな?という感じがします。

あまり太っておらず、恐らく産卵はしないだろうということで移動してもらうことに。

3匹目はダイジョウブダエボンディ×ガラナの子供です。

ちょうど1年ほど前に生まれた個体で、全く稚魚専用の餌を与えずに育ちました。

小さい頃は水槽内の微生物や赤虫の破片などを食べていたと思われます。

しかしながらその割には、ぷっくりとして健康的なコリドラスへと成長してくれました^^

今で体長は3㎝くらいです。

自然繁殖してくれたら嬉しい

今回移動させたことで、アッシャー水槽にはアッシャー♂3匹、♀1匹の合計4匹となりました。

このアッシャー♀は何度か産卵経験もあるので、また産んでくれたらいいな~と思います。

そして、ダイジョウブダエボンディの子供が自然に育ったように、アッシャーも人間のお世話無しで自然に育ってくれれば嬉しいですね!笑

毎日稚魚に餌を与えて掃除して・・・というのが時間的にもどうにもキツイんですよね・・・。

そうそう、新規セットした45㎝水槽には、様子を見ながら60㎝水槽のコリドラスも移動させたいと考えています!

それでは、我が家のコリドラスライフでした(^O^)/

コリドラス・ダイジョウブダエボンディの産卵 今日はうちにいるコリドラス・ダイジョウブダエボンディを紹介したいと思います。 最初に4匹購入し、そのうちの1匹はいなくなったので...
コリドラスの繁殖条件とは?親選びと飼育環境も。 こんにちは!へいへいです! 今日は個人的にコリドラスの繁殖に重要なポイントだと思うことを書いていきます^^ 親選び...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です